最新投稿

  • 金融庁の金融機関への姿勢の変化について

    金融庁は金融機関に対して、金融庁検査などを通じて、指導や監督を行っています。
    以前はバブル崩壊の反省から、金融機関が行っている貸出取引にたいして、たいへん厳しい目線の検査を実施してました。
    しかし、その後の景気低迷が長期化したことから、金融機関の中小企業への融資を促す意味で、従来のようなどちらかというと貸出の要件を厳しく規制するスタンスから、企業の強みや将来性を見極めて、必要な資金をしっかり貸出するような指導的な目線を持つようになってきています。
    しかし、中小企業が融資を受ける際には、融資の担保となる資産がない場合も多く、そのような企業に対して財務分析を中心とした判断から、大きな金額を融資するノウハウは、まだ金融機関には十分に蓄積されていない部分もあり、また企業の慎重姿勢もあることから、貸出残高は伸び悩んでいます。

  • 金融庁と大和ネクスト銀行について

    大和ネクスト銀行などのインターネット銀行は金融庁によって新たな形態の銀行と位置付けられています。

  • 金融庁とFX取引のレバレッジについて

    FX取引のレバレッジは2011年から25倍になっています。
    これは金融庁が主導をしました。

  • 金融庁の概要と組織編成など

    日本の行政機関のひとつである「金融庁」は、日本における資金余剰者から資金不足者へ資金を融通する「金融 …

  • 金融庁についてのこと。

    金融庁とは、日本の行政機関の一つで、日本の金融の機能の安定を確保し、預金者や保険契約者、金融商品の投 …